175R SHOGO

MESSAGE

PROFILE >

セブ島で何かを始める第一歩を。

いつか子ども達が大人になった時、堂々と英語で会話し、世界中の人達と自分の意見や想い、生き方を伝えられる人間になってほしいという考えから2018年セブ島に家族で移住しました。

とはいえ、堅苦しい気持ちではなく、日本から距離も近く温暖な気候で子ども達に明るく優しく接してくれるフィリピンの人達に心打たれたのも移住の大きな決め手でした。

不便な事は多々あるけれど、不自由ではなく逆に沢山の自由を感じられる不思議な感覚。

自然豊かで大きな空や青い海が広がる景色。 どこか昔の日本を連想させるような人間味溢れる島。僕はそんなセブ島が大好きです。

この島の魅力を少しでも多くの人に伝える事ができればと思いCEBUYOLOを立ち上げました。

語学留学・親子留学には十人十色それぞれのスタイルがあります。自分の夢、家族の夢、子どもの夢、視野や可能性は自分次第でどこまでも広げられます。

セブ島で何かを始める第一歩を!
皆さんのハッピーライフを、僕は応援します!

SHOGO from 175R

175R SHOGO

PROFILE

< MESSAGE

SHOGO(ショーゴ)

1980年3月24日生まれ 福岡県北九州市出身。

日本のロックバンド 175R(イナゴライダー)のボーカリスト。

1998年 175Rを結成。
2001年 インディーズで初のCDをリリース。
2002年にリリースされたアルバムともにインディーズチャートで1位を記録。
2003年シングル「ハッピーライフ」でメジャーデビュー。
セカンドシングル「空に唄えば」と共にデビューから二作連続オリコン初登場1位という日本ロックバンド史上初の快挙を成し遂げ、その直後に行われた渋谷・代々木公園フリーライブでは25000人の観客が集まり話題になる。
その年の大晦日には第54回NHK紅白歌合戦に出場。
その後も日本武道館公演、47都道府県ツアーや海外公演など精力的に活動を続けるも2010年無期限の活動休止を発表。
翌年、単身渡英しロンドンにて生活。
帰国後の2014年1月 安全地帯の玉置浩二と共作したシングル「太陽」でソロデビュー。
その後アルバム「大きな愛の木の下で」、デジタル配信シングル「道標」をリリース。
2016年175Rの活動再開を発表。
2018年にはバンド結成20周年を迎え、二枚目となるベストアルバム「ANNIVERSARY 1998-2018」をリリース。
2019年5月これまで書いてきた作品をまとめた自身初の歌詞集「HAPPY LIFE」を発売。
音楽活動と平行してソロで数々の舞台やミュージカルにも出演。
現在、Philippine Retirement Authority(PRA)にてSRRV SMILE VISAを取得しフィリピン・セブ島に家族で移住。
セブ島と日本を行き来しながら様々な活動を行っている。