CEBUYOLO

セブ島留学ならセブヨロ!

子供

KIDS

セブ島での子どもの環境

海外留学や移住の際に最も不安に思うことが子どもの環境です。でも大丈夫、フィリピンはとても子どもに優しい国であり、託児所や家政婦などの環境も整っているため子育てに困ることはありません。もちろん日本と比べると不便なこともありますが、英語教育や大自然での遊びなど、日本では経験できない、異文化に触れる大切な機会になります。

  • フィリピンはとにかく子どもに優しい国
  • 子ども目線での学校の選び方
  • 日本人在住の託児所もある
  • フィリピンでは家政婦を雇うことは一般的

フィリピンはとにかく子どもに優しい国

フィリピンは大家族の家庭が多く、家族や親族の絆や結びつきがとても強いので子ども好きが多く、子どもや子育てに優しい環境です。
子どもを連れて街を歩いていても、優しく声をかけてくれたり、レストランでは食事に飽きた子どもとスタッフが遊んでくれることもあります。

子ども目線での学校の選び方

セブには数多くのインターナショナルスクールやプライベートスクール(私立)があり、学校によってIB教育(国際バカロレア)やIGCSE(イギリス式の中等教育カリキュラム)、モンテッソーリ教育やシンガポールマスを教えるなど、学校選びに重要なポイントはいくつもあります。基本的にすべての学校が英語で授業を行なうため、英語を学ぶことはどの学校でもできますし、その他の学校の特色をよく調べて選ぶのが良いと思います。英語が喋れなくても入学できる学校もあり、転校を気軽にできるのも良いところです。

日本人在住の託児所もある

日本人には安心な、日本語が使える日本人常駐の託児所も幾つかあります。セブ在住のママさんたちの交流の場にもなっており、長中期留学の親御さんにはとても重宝されています。

フィリピンでは家政婦を雇うことは一般的

フィリピンは家政婦の本場と言われており、英語を話せることから世界各国でメイドとして活躍している人がたくさんいます。セブに移住している日本人家族はもちろん、語学学校によっては親子留学中にベビーシッター(ヤヤさん)をつけてくれる学校もあり、学校以外でも英語を話すキッカケになり異国文化に触れる大切な機会にもなります。